女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽだったのでやり放題

もしも可愛い女の子が部屋に来てくれたら・・・そんな妄想を予想外の方法で叶えてくれる物件がありました。
底辺フリーター相川は毎日クタクタになるほど働いています。
それでもようやく暮らせるほどの給料しかなく、家はボロいアパート。
当然女の子と仲良くなるチャンスも時間もない相川にとって、女の子が部屋に来てくれるなんて夢のまた夢でした。
しかしある日、その夢がかないます。
なんと突然天井が抜けて女の子が落ちてきたのです。
しかも、落ちてきた先は相川のムスコの先っぽ。
さらにラッキーなことは女の子は裸同然の格好だったので、そのまま根元までずっぽりです。

部屋に女の子が来て(落ちてきて)くれて、しかもそのままハメさせてくれた。
底辺フリーターである相川にとっては考えたこともないラッキースケベでした。

実は、落ちてきた女の子は自分の部屋でお芝居の練習をしていたのです。
しかし、熱が入りすぎてしまったせいか、床がぎしぎしと悲鳴をあげていることに気が付きませんでした。
もっとも冷静であったとしても、もともとボロいアパートなので、そんなものかと気にもしなかった可能性はあります。
そして一歩踏み込んだ途端、床は限界を超えてしまい崩落してしまったのです。
当然女の子も下に真っ逆さま。

理由はともかく、相川の部屋というか、相川の真上に突然降ってわいた女の子。
相川としてはこのチャンスを逃すと、次はいつ同じことが起きるか判りません(絶対次はないけど)。
ちょうどオナニーをしていたこともあって準備万端だった相川はそのまま女の子の腰を掴んで動き始めます。

突然の床崩落から女の子が降ってきて、そのまま即本番なんて調子が良すぎると思うかもしれませんが、相川にとっては女の子が落ちてきて、挿入させてくれたことはまさに宝くじ当選以上の価値があります。
床崩落なんてどうでもよくなってそのままヤるべきことにまい進してしまったのです。

まさかの展開ですが、落ちた女の子も久しぶりのエッチだったせいか、相川を拒んだりせず一緒に楽しんでいます。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽだったはもはや相川にとっては2度とないチャンスなので、全力で楽しんでいるのです。
ちなみ落ちてきた女の子は表紙絵とは別人の子です。
表紙絵はこのボロいアパートの大家さんなので、彼女との絡みも今後期待できるというわけですね!

ご近所すぎるセフレンドはやっぱり問題!?

ご近所はいろいろと情報もらえたり、おすそわけもあったりと便利な存在です。
しかし、近すぎるとかえって面倒くさいものですよね。

普通に付き合っていても面倒なのに、セフレのような肌と肌を重ねる場合はなおさらです。
それでも果敢にご近所にセフレを作ろうとするケースは後を絶ちません。
理由は出会うのが簡単だからです。

ご近所なのですぐに会えるので関係構築のコストが低くなります。
また、一度一線を越えた後は、何度でも手軽に呼び出せるという点も大きいです。
もちろん関係構築のコストが低いのは魅力なのですが、半面でデメリットも目をつぶることができないものです。
一番怖いのは他のご近所さんに見つかってしまうこと。
もし見つかってしまうと無傷で済ますことはほぼ不可能です。
もし見つかったのがご近所すぎる相手の場合、ダメージは致命的なレベルになりかねません。

それでも出会いを求めるのは、ご近所すぎるセフレのメリットが他のデメリットを圧倒してしまうからでしょう。
念のために書いておくと、ご近所でセフレを探すのは推奨できません。
後悔先に立たずという言葉があるように見つかった場合のリスクを考えると、遠くのセフレに払う関係構築コストの方が安すぎると思えてしまうくらいです。
ちょっと考えればわかるようなものなのですが、それでもご近所に求める人が多いのは、メリットデメリット以外に「背徳感」などがあるからかもしれません。

確かにご近所セフレの方が背徳感は抜群に高いです。
遠くの土地だとあまり背徳感もなく、ただの火遊びと感じてしまうからでしょうか・・・・
ともかく、あまり燃え上がるよう言う感じがしないのでしょうね。

寝袋エッチ~先輩!入っていいですか?

大学に入った直後、サークル勧誘で可愛い先輩にアウトドアサークルに誘われた主人公。
誘ってくれたひなみ先輩は可愛いし、”アウトドア”という軽い名前につられて入部したのはいいのですが・・・

アウトドアサークルの実態は結構ハードな山登りがメイン。
しかも、部員は女の子ばかりなので、男である主人公は体の良い荷物持ちにされてしまいます。

部員の子たちが楽しそうに山登りをする中で荷物の重さで完全ダウンしてしまう主人公がちょっと可哀想です。
さらに、主人公の寝袋とテントだけ荷物に入っていなかったというオチつきです。
普通なら誰かが毛布を貸してくれたりしそうなのですが、女の子たちは結構冷たく、誰も助けてくれません。
ひなみ先輩すら助けてくれないのです。

完全なパシリ状態の主人公は泣く泣く夜を過ごすことになるのですが・・・
あまりの寒さに全く眠れません。
死にそうになっている主人公を見かねたひなみ先輩。
「ほら、入りなさいよ」と言って寝袋に入れてくれます。

もっと早く入れて欲しいですよね・・・

ひなみ先輩はただ主人公を哀れんでいただけで、エッチな事は全く考えていません。
その証拠に、主人公を寝袋に入れてあげるとすぐに寝込んでしまいます。
しかし、主人公は初めて触る女の子の身体にドキドキして寝るどころではありません。

ひなみ先輩の柔らかいカラダに興奮した主人公は、眠っているひなみ先輩の身体に手を出してしまいます・・・
寝袋エッチ~先輩!入っていいですか?」はこちらから読めます。

※このあえぎ声はホンモノです。

※このあえぎ声はホンモノです。konoaegikoe-honmono

声優さんとハメ放題のエロ漫画です。
旧y国のエロゲーを作るために、エッチボイスは全て本物にこだわったエロゲースタジオ。
主人公はそのスタジオの新人ディレクターです。

ディレクターの仕事と言えば・・・声優さんとエッチしてエロいボイスを作ること!
新人声優さんのたちばな萌南(もなみ)ちゃんや、ベテランお姉さん声優の美袋(みなぎ)ちなつちゃんと言った可愛くてエロいこと大好きな女の子たちとエッチをしまくります。

ディレクターである主人公も一応役作りはしてエッチの望むのですが、声優さんたちに押されっぱなしです。
何しろ声優さんたちはエロい声のプロであると同時に、セックスのプロでもあったのです。
主人公のとのカラミも平然とこなしていきます。
もちろん、新人である萌南ちゃんも慣れていないとはいえ最初っからハードなエッチをこなしてきます。
声優さんたちのエロさに圧倒される主人公。
それでも仕事のためと思って声優さんたちをハメ倒します。
途中からゲームシナリオ何てほとんど無視してエッチしまくってしまいますが、エロゲーなので何とかなるという理屈で精油さんとのセックスにまい進する主人公。
やりたい放題にヤッてできたゲームってどんなものか気になります。

Oh! コマリ~ノ!!

ゆるふわ系の巨乳お姉さんがいろいろ困っちゃう漫画です。
公園で見つけた大きな犬と遊んでいるうちに犬が調子に乗ってきます。

犬はお姉さんのスカートの中に潜り込んでアソコをぺろぺろ。
いきなりの事に驚くお姉さんですが、結構気持ちよかったのかその場から逃げ出すこともできません。
お姉さんが気持ちよくなったので調子に乗った犬はさらにすごい行動に出ます。

いきなりお姉さんの服にかみついてびりびりと引き裂き始めます。
逃げようにも大きな犬にのしかかられて逃げられないお姉さん。
見る見るうちに裸にされてしまいます。
公園の真ん中で裸にさらお姉さんは焦りまくりますが、誰も助けてくれません。
そのうちに犬はお姉さんのパンツまで引っ張り出します。
ここまで来たらパンツもやってしまえということでしょうか笑

お姉さんが妙にエロいのでおすすめです。

お年玉で買ったのはお姉ちゃん!

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた
otoshidamade-oneechan-kattemita7

女の子と付き合いうことに興味を持ちだしたタクヤ。
タクヤはお年玉を使ってお姉ちゃんを買うことで自分の欲望を満たそうとします。

タクヤはネットで女子高生のほとんどはエンコーをしているという書き込みを見て、自分のおねえちゃんも女子高生なのでエンコーをしているはずだと勝手に思い込んでしまいます。
そして、衝動的にお姉ちゃんの部屋に駆け込んで、エンコーしてほしいと言い出します。
お姉ちゃんは最初は驚きますが、お年玉と引き換えということが判ると態度が一転します。
軽いお小遣い稼ぎと考えてタクヤのエンコーにのってしまうのです。

最初のうちはお姉ちゃんの部屋で裸を見せてもらう程度だったのですが、お姉ちゃんが少し調子に乗りすぎてしまいます。
タクヤを挑発していると、ただでさえ考えの浅いタクヤが暴発してしまったのです。
いきなりお姉ちゃんに覆いかぶさって本番まで始めてしまいます。
お姉ちゃんは必死にタクヤを止めようとしますが、力で敵わずお年玉を渡されてそのままハメられてしまいます。
お姉ちゃんを買うことに味を占めたタクヤはその日から毎日のようにお姉ちゃんを買いまくります。
家に家族がいても平気でお年玉エンコーを続けるタクヤ。
勉強中でもお構いなしにハメてくるタクヤにお姉ちゃんは辟易してしまいます。
それでも、お年玉で買われているうちはまだよかったのです。

お年玉が尽きたタクヤは、資金源を手に入れるべくお姉ちゃんを売ってしまうのです。
売られたお姉ちゃんは他の男にハメられた挙句、そのお金で今度はタクヤにハメられてしまうという可哀想な状況に陥ってしまいます。