夏のオトシゴ

夏と言えば恋の季節、と言い切っていいくらい恋愛向きの季節です。
実際、夏休みに入ると、花火や海といったイベントが目白押しで、恋愛沙汰に縁遠い人にもチャンスが訪れる機会がたくさんあります。

夏のオトシゴ(著:アイスピック)では、恋愛に縁遠かった一ノ瀬さんの恋事情が描かれています。
一ノ瀬さんは実かかなりの美人の部類なのですが、恋愛どころかお洒落にも興味がないのでクラスでの認知度はイマイチです。
ところが、見ている人はちゃんと見ているんですね。
ある夏の日に一ノ瀬さんに告白する人が現れます。
相手は同じクラスの生徒ですが、こちらも目立たない人です。
そういう意味では二人の相性は抜群だったのかもしれません。

ふたりは夏の間に絆を深め、最も信頼できる相手になっていきます。
実際、お互いに相手の事を考えて、相手の生活や友人関係を壊さない様に良く配慮しています。
ある意味一ノ瀬さんは最高のパートナーを手に入れたと言っていいでしょう。
ところが、このまま終わらないのが歯がゆいところでしょうか。

相性ばっちりの二人の間を切り裂く邪魔者が現れます。
この男こそ夏のオトシゴの元凶であり、ある意味最低な男です。
ちなみに、オトシゴの意味を調べると”落とし子”、つまり父親に認知されない子の事です。
ここまで見れば、この後の一ノ瀬さんの運命も大体想像がつきますよね。

一ノ瀬さんはこの最低男に寝取られて夏のオトシゴをやられてしまうのです。
もちろん、このことは一ノ瀬さんに告白した相手は知りません。
知っていれば力ずくでも止めていたかもしれませんが、相手の生活を壊さないようにする互いの配慮がアダとなってしまったのです。
一ノ瀬さんは付き合っている男にも話せないどころか、隠し事をしないといけなくなってしまいます。
こうなってしまうと、今まで通り二人が付き合っていけるのかどうかさえ危ぶまれてしまいます。
夏のオトシゴは一ノ瀬さんが絶望の淵に足を踏み込んだところで終わっています。
つまり、ここから先の一ノ瀬さんの運命は読み手の想像に託されているわけですが、ロクなことにならないことは簡単に想像がつきます・・・

※このあえぎ声はホンモノです。

※このあえぎ声はホンモノです。konoaegikoe-honmono

声優さんとハメ放題のエロ漫画です。
旧y国のエロゲーを作るために、エッチボイスは全て本物にこだわったエロゲースタジオ。
主人公はそのスタジオの新人ディレクターです。

ディレクターの仕事と言えば・・・声優さんとエッチしてエロいボイスを作ること!
新人声優さんのたちばな萌南(もなみ)ちゃんや、ベテランお姉さん声優の美袋(みなぎ)ちなつちゃんと言った可愛くてエロいこと大好きな女の子たちとエッチをしまくります。

ディレクターである主人公も一応役作りはしてエッチの望むのですが、声優さんたちに押されっぱなしです。
何しろ声優さんたちはエロい声のプロであると同時に、セックスのプロでもあったのです。
主人公のとのカラミも平然とこなしていきます。
もちろん、新人である萌南ちゃんも慣れていないとはいえ最初っからハードなエッチをこなしてきます。
声優さんたちのエロさに圧倒される主人公。
それでも仕事のためと思って声優さんたちをハメ倒します。
途中からゲームシナリオ何てほとんど無視してエッチしまくってしまいますが、エロゲーなので何とかなるという理屈で精油さんとのセックスにまい進する主人公。
やりたい放題にヤッてできたゲームってどんなものか気になります。

有栖川煉ってホントは女なんだよね。

有栖川煉ってホントは女なんだよね。
arisugawarenhontohaotoko
有栖川煉の漫画はこちら

「恭ちゃん!」
有栖川煉が家を訪ねてきたのは、恭が合コンで惨敗して帰ってきた時でした。
有栖川煉は新規ドラマの主演に抜擢もされてイケメン俳優です。
実は有栖川煉と恭は従兄弟同士なのです。
もっとも、顔が似ていないので恭の方は全然モテないのですが・・・

その売れっ子俳優がいくら従兄弟とはいえ一介の大学生である恭を訪ねてきたのには理由があります。
実は煉は仕事から逃げている途中であり、一人暮らしをしている恭の家に匿って欲しいと言い出すのです。
さすがに従兄弟を追い返すわけにはいかないので受け入れる恭ですが、内心は面白くありません。
有栖川煉と言えば女の子のあこがれの的であり、女には困っていないはずです。
それが、仕事が辛いと言って逃げてくるなんて贅沢にもほどがあると思ってしまうのです。

有栖川煉にも恭にもそれぞれの不満があり、ちょっとした意見の違いからケンカになってしまいます。
ところが、ケンカの拍子に煉の秘密がバレてしまいます。
それは、煉が女の子だということ。
いとこですら知らなかった事実に驚く恭ですが、煉は「何でもするからお願い、匿って」と半べそを書きながらお願いしてきます。
「何でもする」の部分にピンと来た恭は煉のお願いを聞いてあげることにします。
もちろん、代償は煉のカラダで払ってもらうためです。

それからというもの有栖川煉と恭の関係がスタートするのですが、弱みを握っている分、恭の方が強く出ることができます。
恭は煉に様々な要求を突きつけるのですが・・・!?