ビッチが田舎にやってきた

ビッチが田舎にやってきたは都会のギャルが田舎に引っ越したら、というifが実際に起こってしまった物語です。
都会に住んでいる奈緒ちゃんが田舎に引っ越すことになったのはほんの偶然。
父親の仕事の都合で1年だけ田舎に行くことになってしまいます。
何もないド田舎に行くなんて奈緒ちゃんの本音ではありませんが、仕事の都合なら仕方ありません。

しかし、奈緒ちゃんが済むことになった田舎は、ザ・陸の孤島とも言うべき場所でした。
さすがにネットは繋がっていますが、ネットがある分むしろヤバい。
何故ならネットで仕入れた都会の怪しい情報を本当だと信じ込んでしまっているからです。
奈緒ちゃんが転校した学校でも「ビッチが田舎にやってきた」と大騒ぎになります。

奈緒ちゃんからすれば意味不明もいいところですが、彼らの常識ではどうやら「都会のギャルはみんなビッチ」。
都会からやってきた奈緒ちゃんは無条件でビッチ認定されてしまったのです。
あまりの歓迎にムカつく奈緒ちゃんですが、同時に出来心が芽生えてしまいます。

田舎なんて何もなくてつまんない。でも、このバカどもをからかうのは楽しいかも。
奈緒ちゃんはちょっとだけ、彼らの言う「ビッチ」を演じてあげることにします。
しかし、ちょっとからかうだけのつもりだったのに田舎の男たちは大興奮。
それこそ、ここが学校だということを忘れて襲い掛かってくるくらい興奮してしまったのです。

都会だったらパンチラくらいでこんなことは起きないはずなのですが、ここはド田舎。
ビッチがパンツ見せてくれた=誘われたと思った男たちは奈緒ちゃんに襲い掛かります。
やりすぎてしまった事を公開する奈緒ちゃんですが後の祭り。

結局その日は、その場にいた男たち全員が満足するまでヤられまくります。
ビッチが田舎にやってきたはその一部始終を見る事ができます。
奈緒ちゃんは1年の期限付きで田舎にやってきたのですが、どうやら無事都会に変えることは出来なそうですね。

ご近所すぎるセフレンドはやっぱり問題!?

ご近所はいろいろと情報もらえたり、おすそわけもあったりと便利な存在です。
しかし、近すぎるとかえって面倒くさいものですよね。

普通に付き合っていても面倒なのに、セフレのような肌と肌を重ねる場合はなおさらです。
それでも果敢にご近所にセフレを作ろうとするケースは後を絶ちません。
理由は出会うのが簡単だからです。

ご近所なのですぐに会えるので関係構築のコストが低くなります。
また、一度一線を越えた後は、何度でも手軽に呼び出せるという点も大きいです。
もちろん関係構築のコストが低いのは魅力なのですが、半面でデメリットも目をつぶることができないものです。
一番怖いのは他のご近所さんに見つかってしまうこと。
もし見つかってしまうと無傷で済ますことはほぼ不可能です。
もし見つかったのがご近所すぎる相手の場合、ダメージは致命的なレベルになりかねません。

それでも出会いを求めるのは、ご近所すぎるセフレのメリットが他のデメリットを圧倒してしまうからでしょう。
念のために書いておくと、ご近所でセフレを探すのは推奨できません。
後悔先に立たずという言葉があるように見つかった場合のリスクを考えると、遠くのセフレに払う関係構築コストの方が安すぎると思えてしまうくらいです。
ちょっと考えればわかるようなものなのですが、それでもご近所に求める人が多いのは、メリットデメリット以外に「背徳感」などがあるからかもしれません。

確かにご近所セフレの方が背徳感は抜群に高いです。
遠くの土地だとあまり背徳感もなく、ただの火遊びと感じてしまうからでしょうか・・・・
ともかく、あまり燃え上がるよう言う感じがしないのでしょうね。

ご近所すぎるセフレはやり放題!

セフレを手に入れる最も手っ取り早い方法が出会い系サイトです。
怪しかったりサクラばかりの出会い系が多い中、正真正銘のご近所セフレがゲットできるサイトとして有名になってきた某出会い系アプリ。

実はこのアプリの人気の秘密は「ご近所セフレ検索」なのです。
利用者の位置情報からすぐ近くにいるセフレ希望者を見つけ出すことができるんのです。
この機能が斬新だと話題になり瞬く間に広まったこの出会い系アプリ。
利用者が多ければご近所セフレも見つかりやすくなり、さらに人気になってきます。

昼間ヒマを持て余している若妻から、遊びたい盛りの女子校生までがこのアプリを利用し、ご近所セフレを募集しまくっています。
たくさんの人が使っているので必然的に、ご近所にセフレ候補が見つかりやすくなり、場合によってはすぐ隣のマンションの人妻と・・・なんてことも起こってきます。

エッチしたくてしょうがない人同士を結び付けてくれるこの出会い系アプリですが、調子に乗っていると痛い目に遭うのも世の常です。
何しろ利用者が多すぎて、知っている人に出逢う確率が飛躍的に上がってきたのです。
SNSなどでも、ふとしたきっかけで知り合いが見つかるように、この出会い系アプリでもちょっとした油断で知り合いに見つかってしまったりするケースが報告されるようになってきました。

ご近所すぎセフレでは、このようなケースがいくつか報告されていて、ご近所すぎる人同士が出会った時の顛末がストーリー形式でレポートされています。
お互い軽い気持ちで始めた出会い系アプリですが、知り合いと出逢ったとたん、急に重くのしかかってくるさまが克明に描かれています。
まさに天国から地獄状態なのですが、このようなピンチすらチャンスに変える能力があれば、この出会い系アプリをうまく使いこなしていけるのではないかと思います。

お年玉で買ったのはお姉ちゃん!

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた
otoshidamade-oneechan-kattemita7

女の子と付き合いうことに興味を持ちだしたタクヤ。
タクヤはお年玉を使ってお姉ちゃんを買うことで自分の欲望を満たそうとします。

タクヤはネットで女子高生のほとんどはエンコーをしているという書き込みを見て、自分のおねえちゃんも女子高生なのでエンコーをしているはずだと勝手に思い込んでしまいます。
そして、衝動的にお姉ちゃんの部屋に駆け込んで、エンコーしてほしいと言い出します。
お姉ちゃんは最初は驚きますが、お年玉と引き換えということが判ると態度が一転します。
軽いお小遣い稼ぎと考えてタクヤのエンコーにのってしまうのです。

最初のうちはお姉ちゃんの部屋で裸を見せてもらう程度だったのですが、お姉ちゃんが少し調子に乗りすぎてしまいます。
タクヤを挑発していると、ただでさえ考えの浅いタクヤが暴発してしまったのです。
いきなりお姉ちゃんに覆いかぶさって本番まで始めてしまいます。
お姉ちゃんは必死にタクヤを止めようとしますが、力で敵わずお年玉を渡されてそのままハメられてしまいます。
お姉ちゃんを買うことに味を占めたタクヤはその日から毎日のようにお姉ちゃんを買いまくります。
家に家族がいても平気でお年玉エンコーを続けるタクヤ。
勉強中でもお構いなしにハメてくるタクヤにお姉ちゃんは辟易してしまいます。
それでも、お年玉で買われているうちはまだよかったのです。

お年玉が尽きたタクヤは、資金源を手に入れるべくお姉ちゃんを売ってしまうのです。
売られたお姉ちゃんは他の男にハメられた挙句、そのお金で今度はタクヤにハメられてしまうという可哀想な状況に陥ってしまいます。